まつげエクステ

まつげエクステ

まつげエクステを知る

アートメイクとは

アートメイクとは、目元の皮膚に専用の針で染色していき、化粧しなくても化粧しているようにする美容技術です。アートメイクは仕上がりが自然なので、メイクしたよりも美しく仕上げる事ができるとされています。

アートメイクは刺青とは違うので、強烈な痛みを我慢したり、一生消えないと言う事はありません。アートメイクは肌の状態や骨格など考慮して、目立たないよう自然に仕上げる事が出来るので、アイラインなどが歌舞伎役者のようになってしまう事はありません。

アートメイクは皮膚に直接染色しているので、メイクのように水で落ちる事がありません。水を被っても問題ないので、プールなどですっぴんに戻る事もありません。最近は20代などの若い世代の需要が増えており、アイラインを入れるアートメイクは、メイクでは難しい目の細部まで色を入れることがでるので、すっぴんでも目を大きく見せることができます。

アイラインはメイクでよく使われますが、水に濡れるとパンダ目の原因となり、涙が黒くなったりする事もあります。アートメイクであれば5年は持続するので、その間はどんなに泣いてもパンダ目になる事はありません。時間と共に徐々に薄くなっていき、特に痕が残ったりもしません。

アートメイクはニードという針で、直接皮膚に刺して色素を入れます。針を刺すので痛みを感じますが、眉毛が抜かれる程度の刺激と言われています。腫れもほとんどなく、アイライン以外にも眉や唇等にアートメイクは行えます。

スポンサードリンク

Copyright (C) まつげエクステ All Rights Reserved