まつげエクステ

まつげエクステ

サロンでまつげエクステ

まつげエクステのトラブル

まつげエクステには、トラブルも少なからずあります。まつげエクステを行う人が増加した事で、消費者センターや国民生活センターにまつげエクステのトラブルが多く寄せられれる事になりました。多く寄せられるトラブルとしては、まつげエクステをつけるグルーが、目に入ってしまったというものです。

本来、まつげエクステは美容師だけしか行えませんが、そのことを知らない業者や、知っていても無視している業者によって、無資格のスタッフが施術することが大きな原因とされてきました。この為、厚生労働省が2008年に、まつげエクステによる危害防止を徹底するように通告をおこない、まつげエクステを美容行為と位置づけました。

この為、まつげエクステを行うには、美容師の届け出のある店でなくてはなりません。まつげエクステには検定があり、検定に合格すると認定シールを店に表示できるようになっており、まつげエクステを行う場合は、この認定があるかどうかも判断の基準にするのがいいでしょう。

ただ、美容師がいても美容学校のカリキュラムにまつげエクステが含まれていないので、100%安心できる訳ではありません。まつげエクステをサロンで行ったあとに、目に問題が生じて店に文句を言うと、非常に対応が悪いとも言われており、十分な情報や口コミなどを集めて、安心できるサロンを捜す必要があります。

技術者が常に技術の向上をはかり、取り扱っている素材にも信頼がおけるかが、重要になってきます。

スポンサードリンク

Copyright (C) まつげエクステ All Rights Reserved