まつげエクステ

まつげエクステ

サロンでまつげエクステ

まつげエクステの危険性

まつげエクステは、毎日のアイメイクの時間を短縮し、つけまつげやマスカラのような不自然さではなく、自然な仕上がりなので非常に人気ですが、危険がある事も理解しておく必要があります。

まつげエクステサロンで行った時に、目が痛んで涙が止まらなくなり、眼科で診てもらうと角膜全体に傷がついていたという事があります。これは、まつげエクステをつける接着剤のグル―が原因とされ、失明は免れても通院して治療する必要があります。

まつ毛エクステは、目という非常にデリケートな部分に、接着剤などの刺激物を使用するので、危害が多い事は事実です。何か不快感があった場合は、すぐに眼科の診察を受け、まつげエクステを行った事を伝えましょう。

問題があった場合は、消費生活センターに相談したり、保健所や衛生担当部署へ情報提供する必要がある事もあります。まつげエクステを行って、よくある症状としてはまぶたが腫れたり、グル―などで傷ついて角膜炎や充血が起きるといった症状が見られるようです。そのまま放置していると、益々症状が悪化して角膜が深く傷ついてしまい、視力低下する危険もあります。

まつ毛エクステは、本物のまつげに比べて人工毛なので硬く、目に入ったり目を突付かれたりすると、自毛よりも目を強く刺激してしまい危険が大きいです。普通は、目にまつげが入っても、暫くすれば違和感は治りますが、人工毛では目がごろごろするような違和感がとれず、気になって擦ると余計に眼球を傷つけてしまいます。事前に十分サロンについて調べ、技術などに信頼ができるサロンを選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) まつげエクステ All Rights Reserved