まつげエクステ

まつげエクステ

まつげ

まつげの役割

まつげは女性にとっては、可愛く魅力的に見せる為の重要なパーツであり、顔の第一印象である目の印象を決める重要なパーツです。しかし、まつげの本来の役割は、目元を魅力的に飾る為のものではありません。

まつげは目の周囲にある体毛で、眉毛があるのは人間だけですが、まつげは哺乳類などの動物にはほとんどあります。特に、ラクダや馬などは、まつげが長い事から目に印象が強い動物です。動物の種類によってまつげが異なるように、人間も人種によってまつげには特徴があります。

日本人のまつげは平均で5mmから10mmと、海外に比べて短く、本数にも個人差がありますが、上まつげは平均で100本程度と言われています。下まつげの場合は、半分の50本程度で、色は髪の毛と必ずしも一致する事はなく、髪の毛に比べてやや明るく茶色の傾向があります。

まつげ本来の主な働きは、目にゴミや埃といった異物が入らないように保護する事です。まつげが保護している事で、眼球が傷ついたり細菌の侵入を防いでします。そのため、まつげは上の方が多く生えていて、異物を少しでも遠ざける為にカールしているのです。目が非常に敏感なのはまつげがセンサーとして接触を感知し、反射的にまぶたが閉じるようになっているからです。

しかし、まれに逆まつげといった逆向きにまつげが生えている事もあり、まつげによって眼球や角膜が傷つけられやすく、視力が低下しやすくなっている人もいます。逆さまつげは眼科などで処置することもできるので、視力が低下する前に解決すうるようにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) まつげエクステ All Rights Reserved