まつげエクステ

まつげエクステ

自分でまつげエクステ

自分でやる注意点

サロンに行かなくても、道具や知識があれば自分でまつげエクステをつけることができます。自分でつけられれば、サロンに行く時間が無くても自宅でつける事が可能になるので、簡単に魅力的な目元をつくる事が出来ます。

自分でいきなりまつげエクステをつけるのは、難しいのでまつげエクステのDVDやまつげエクステのスクールなどで、基礎を学んだ方が無難かも知れません。まず、自分でつけるには道具が必要で、まつげエクステとグルーはもちろんですが、グループレートやマイクロスティック、ツイザーやテープ、また外す時の為にリムーバーも必要になります。

まつげエクステには、長さカールの仕方に色々な種類があるので自分の好みに合ったものを選ぶようにしましょう。グルーにも色々な種類がありますが、値段が多少高くても刺激が無く目に沁みない国産のグルーが良いと思います。

海外製のものでは、目に沁みないと書いてあっても、使ってみると目に沁みるグルーが多くあるようです。海外製のグル―の方が、値段の安い物もありますが、目が沁みて涙が止まらなくなるようなら、意味がないので国産のグル―を使用するようにしましょう。

また、まつげが長く大きく見せたいという願望がつよく、欲張ってたくさんのまつげエクステをつけようとする人が多いです。しかし、あまり欲張り過ぎると、自分のまつげが重さに耐えられずに、大量に抜けてしまう事になるので、DVDなどを参考に適切につけるようにしましょう。

スポンサードリンク

カニ通販

Copyright (C) まつげエクステ All Rights Reserved